プリンターを使うメリットを知ってビジネスに活かそう

さまざまな種類

快適な製本作業を行うには

現在日本では色々な種類の製本機が販売されており、用途に合わせた製本機を購入することで快適に製本作業ができるようになっています。 例えば製本機の中には小型の種類のものが販売されています。 この小型の製本機は重さが約1kgと軽いので持ち運びも可能となっており、外出先での製本作業を行うことができます。 また別のものでは枚数の多い場合に対応した製本機も販売されており、比較的ページ数の多い資料などを製本する時に役立ちます。 この他にも見た目がとても綺麗に仕上げられる種類のものも販売されており、素人が作成したとはわからないような製本機もあります。 このように製本機には様々な種類のものが販売されており、目的に応じた種類を購入することで快適に製本作業を行うことができます。

いくらぐらいの値段がするのか

製本機の値段は用途や種類によって値段が変わってきます。 例えば持ち運びを可能とした小型の種類のものでは5000円から8000円程度が相場となっています。 この種類の製本タイプはサーマバインドタイプのものがほとんどで、他の製本タイプはさらに値段が高く大型のものになります。 そして、綺麗な仕上がり目的とした大型の種類のものでは10万円から30万円ほどの費用が掛かることがあります。 この種類のものにはメタルバインドといった特殊な製本タイプも存在し、特殊なものほど値段が高くなります。 またそこまで凝った種類のものではなく、一般的なテープバインドの製本機では約10万円程度が相場となっています。 このように製本機には用途や種類によって値段が変わり、大型のものや特殊なものは値段が高くなります。

Copyright© 2015 リサイクルトナーカートリッジやコピー機などの使い方 All Rights Reserved.