プリンターを使うメリットを知ってビジネスに活かそう

その魅力

純正品に比べてどうしても不良率は高い

リサイクルトナーカートリッジとは、国内のプリンタメーカーが製造した トナーカートリッジを回収して、洗浄、修理、再生した商品になります。 トナーカートリッジの仕様は全く純正品と変わりありませんが、 再製品であるためどうしても新品と比べて不良率が高くなります。 しかし、何と言っても購入価格が安いのは魅力です。 リサイクルトナーカートリッジにもよりますが、最大で新品の 10分の1になることもあります。 購入価格は年々下がる傾向にありますが、プリンタメーカーの増加に伴って 取り扱い出来るトナーカートリッジも増えつつあります。 新品と比べてしまうと不良率は高くなってしまいますが、その発生率は 数パーセント程度の違いしかありません。

リスクと言えるほどの不良率ではない

近年は販売業者も多大な努力をしていることが見受けられます。 不良が出て当たり前という考えはもはや通用しなくなったと、業者でも 考えていることが伺われます。 販売したリサイクルトナーカートリッジが原因でプリンタが壊れてしまった 場合には、修理代金を保証するなどのサービスを展開している業者も出て きました。 また、工場の設備を増強して、不良率を限りなく低下させる取り組みを している業者もあります。 そうなると、リサイクルトナーカートリッジは立派な商品として 位置づけられると考えます。多種多様な製品群を保有することにより、 メーカー純正品の価格設定にも影響を及ぼすことも十分考えられます。 メーカー側としても、利益率の高いトナーカートリッジの価格は維持 したいところでしょうが、今後は競争が高まっていくものと推測されます。

Copyright© 2015 リサイクルトナーカートリッジやコピー機などの使い方 All Rights Reserved.